ローンを選ぶ

不動産ときってもきれない関係である、住宅ローンですが、その条件によって、さまざまな種類があります。金利や融資条件、手数料など、それぞれ異なるので、「どれでもいいや」という考えは危険です。ローンを組んだ後の返済まで考えて、自分にあったローン選びをする必要があるでしょう。

たとえば、公的ローンというローンがあります。公的ローンは「財形住宅融資」となるのが一般的です。1年以上の財形貯蓄を勤務先で続けており、50万円以上の残高がある人が対象で、その残高の10倍かつ購入費用の80パーセントの範囲内で借り入れることができる融資形態です。その他、自治体が行っている融資もあり、最近では、さまざまな支援制度が登場しています。

他には、民間ローンというローンがあります。民間ローンはとてもさまざまな種類があり、公的ローン以外のローンはすべて民間ローンといえるでしょう。民間ローンは、銀行をはじめ、生命保険会社、農協(JA)、ノンバンクなどの機関が受け付けています。ローン内容がそれぞれ異なり、自分にあわせたローンを組むことができます。

また、ローンには、さまざまな手数料がかかります。ローン自体の内容だけでなく、手数料も考える必要があるでしょう。

    人気ランキング

  • 古い町並みや建築にこだわりを持った方に、快適で愛着を持てるRC外断熱式の住宅をコンセプトに、シンプルなのに地震や火災に強く安全な家造りを提案してくれるサイトです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 不動産について復習しましょう All Rights Reserved.