ローンの返済

不動産取引を行い、住宅ローンを組んだ際、「こっちは住宅を買ったんだから、少しくらい返済が遅れてもいいだろう」という考えは禁物です。住宅を購入していようが、お金を借りたことには変わりないのですから、しっかりと定められた額を返済する必要があります。また、ローンの組み方によって、返済の仕方も変わってきます。住宅ローンは、かなり長期にわたって、支払い続けるものですから、返済完了までを見通して、組まなければいけません。

基本的に、住宅ローンの返済期間の最長は、35年となっています。また、返済完了時の年齢も限定しており、80歳あたりまでに完済する計画でなくてはいけません。返済期間が35年を超えたり、返済完了時に80歳あたりを超えたりするようなローンの組み方はできないというわけです。返済完了時に70歳になるようなローンならば、もちろん組むことができますが、会社員だった場合、定年した後もローンの返済を続けなければならなくなるので、負担が大きいかもしれません。そのため、基本的には、定年前に完済する予定を立ててローンを組むと思います。

ローンの返済期間は、基本的に1年単位で細かく設定することができます。それだけに、計画性が大切です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 不動産について復習しましょう All Rights Reserved.