住宅ローン利用のコツ

不動産物件の購入の際、住宅ローンというローン形態が可能です。一括で払えるような資金がない場合、またいきなりそのような大量の資金を使いたくない場合、住宅ローンを利用することになると思います。不動産物件取引というのは、とても大きな買い物になりますから、ローンが必要になってくるのですね。ただし、そうはいっても、住宅ローンは、お金を借りる行為……考えなしに利用するものではありません。

一般的にも、住宅ローンを利用して、いくら借りるかは、購入者の悩みどころです。多くのお金を借りれば、それだけ購入資金に回すことができますが、その分、返済額も大きくなってしまいます。自分の収入と支出を考え、無理なく返済できるような計画をもって、借りる金額を決定しましょう。

ところで、住宅ローンには、融資限度額という基準があります。たとえば、銀行でローンを組むとして、物件価格や返済の割合を考えて、基準が出てきます。しかし、購入者が、この基準をもとに、ローンを組むのは危険です。あくまでも融資限度額というのは、金融機関が定める金額であり、完全に個別化したものではありません。そのため、借りる金額は、自分だけの基準をもとに決めるのが普通です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 不動産について復習しましょう All Rights Reserved.